RSS | ATOM | SEARCH
外国人とともに学ぶ/外国人のための「防災教室」開催しました

2018.08.19 外国人とともに学ぶ/外国人のための「防災教室」開催しました

 

今回のテーマは、ヽ姐饋佑法∈匈欧砲弔い討隆霑綻霾鵑鮖っていただくこと、

地域の方に、災害時に外国人にどのように情報を伝えたらいいか体験していただくこと、の2点です。

 

講師として、「やさしい日本語」の普及と外国人に対する防災教育に取り組んでおられる

「やさしい日本語」有志の会 花岡正義先生をお迎えしました。

 

前半90分は、地域の方(日本人)18人と通訳4人、当会スタッフ11人が参加して、

「やさしい日本語」について学びました。

わかりやすい単語と短いシンプルな文を使うことで、外国人とのコミュニケーションが容易になるということがわかりました。

 

後半90分は、さらに外国人17人(中国・ベトナム・カンボジア出身者)にも入ってもらって、5班に分かれました。

先に、講師から、パワーポイントの映像と簡単な日本語を使っての講義。

次に、各班で外国人と日本人が協力して、防災マップを使って家の近くの避難場所等に印をつけたり、

防災グッズについての勉強をしました。

 

外国人の感想

・地震は知っていたが、実際に起きたらどうするかは知らなかった。今日はそれを聞くことができて、とてもよかった。

・今まで、母国でも地図を見ることがほとんどない。防災マップはよくわからなかった。

・「避難所」についてわかった。家の近くの「避難所」がどこかもわかった。

・生活の日本語はだいたいわかるけど、災害の時の言葉は難しくて、あまりわからないので心配。

・今日の話はよく理解できた。

 

日本人の感想

・地域に外国人が住んでいることは知っていたが、今まで話をしたことがなかった。今日、初めて話をした。

・外国語で話さなくても、やさしい日本語を使えば、日本語で通じるんだと思いました。

・日本人は当たり前に思っているようなことが、外国人にはあまり知られていないことがわかった。

(避難所のことや、備蓄や緊急持ち出し品などのこと)機会があったら、近所の外国人にも話したい。

 

 

 

author:himawarikai11, category:-, 11:46
-, -, - -
「外国人といっしょに学ぶ 防災教室」のお知らせ

8月19日「外国人といっしょに学ぶ 防災教室」を開催します。

 

災害時に外国の人に情報を発信・伝達する可能性のある方(防災リーダーや地域の方)、

「やさしい日本語」に関心のある方のための講座です。

 

地震や台風など災害時には、正確で速やかな情報伝達が必要です。

地域在住の日本語がよくわからない人に、どのように情報を伝えればいいでしょうか。

「やさしい日本語」について学びましょう。

そして、それを使って、外国の人といっしょに防災についてのワークショップをします。

 

日時:2018年8月19日(日)午後1時〜4時

     前半90分 外国人とのコミュニケーションを容易にする「やさしい日本語」について

     後半90分 「やさしい日本語」を使って、外国の人と防災についてのワークショップ

 

場所:たちばな会館(大阪市平野区加美鞍作1-2-31)

講師:「やさしい日本語」有志の会 花岡正義先生

費用:無料

申込み:次のことを8月12日までにメールでご連絡ください

〇疚勝 ´電話番号  住所  そ蠡亜覆△譴弌法´セ劼匹發隼臆辰垢觧は子どもの年齢

 

*このプログラムは、公益財団法人 大阪コミュニティ財団の助成を得て実施しています。

author:himawarikai11, category:-, 10:56
-, -, - -
「外国人のための 防災教室」を開きます

8月19日 「外国人のための 防災教室 −自分と家族を地震から守る方法ー」を開きます。

 

地震の時、どうしますか。

どこへ 逃げますか。

どんな 準備をしますか。

いっしょに 勉強しましょう。

 

いつ:2018年8月19日(日曜日)午後2時30分から4時

どこ:たちばな会館 (大阪市平野区加美鞍作1-2-31)

いくら:無料

ことば:やさしい日本語(中国語・ベトナム語・スペイン語のできる人がいます)

もうしこみ:次のことを8月12日までにメールで連絡してください。

〔樵亜 ´電話番号  住所  せ劼匹發箸い辰靴腓僕茲襪箸は、子どもの年齢

 

 


*このプログラムは、公益財団法人 大阪コミュニティ財団の助成を得て実施しています。

 

 

 

 

author:himawarikai11, category:-, 10:23
-, -, - -
盆踊り講習会を実施しました

7月21日 恒例の盆踊り講習会を実施しました。

今年も半田講師に来ていただき、浴衣を着て、

河内音頭、ドンパン節の練習をしました。

 

お盆には地域の盆踊りに参加させてもらいます。

author:himawarikai11, category:-, 10:57
-, -, - -
防災センター見学に行きました

7月15日 阿倍野防災センター見学に行きました。

 

猛暑の中、外国人25人、日本人22人が参加しました。

体験したのは、次の6つの項目です。

・いすに座った状態での揺れと映像によるバーチャル地震

・地震の後、火災発生を防止するためにどうするべきかの学習

・煙の中を逃げる体験

・消火器の使い方体験

・119番通報の仕方

・震度7体験

 

外国人の感想として、次のようなことが上がっていました。

・とてもいい体験になった。

・想像していたよりすごかった。

・何事も、実際に体験してみないとわからないと思った。

・バーチャル地震で、上から物が落ちてきたり、ガラスが割れることがとても怖かった。

・火災発生防止で、ブレーカーを切るけれど、それは最後にしなければならないことを初めて知った。

・震度7はとても怖かった。バーにしがみついているのが精いっぱいで、何もできない。

・今回は震度7が来るのを知っていた。それでもこんなに怖かった。本当の地震は突然来る。もっとめっちゃ怖い。

・地震の怖さはよくわかったが、じゃあどうすればいいのかが知りたい。

 

ということで、8月19日に「防災教室」を開きます。

ぜひ、ご参加ください

author:himawarikai11, category:-, 09:43
-, -, - -
7月15日 阿倍野防災センター見学会

今年度、「外国人とともに、災害時のことを地域で考えるプロジェクト」始動中です。

第1弾として、地域在住外国人対象の「災害ついてのアンケート」実施中。

第2弾として、7月15日に 大阪市立阿倍野防災センターの見学に行きます。

 

author:himawarikai11, category:-, 16:27
-, -, - -
6月21日 阪急阪神 ゆめ・まちソーシャルラボ

6月21日 阪急阪神 ゆめ・まちソーシャルラボにおいて

「身近なグローバル化を考えよう」というセッションが行われます。

当会も参加して、地域とどのようにかかわってきたかという活動報告をします。

 

日時:2018年6月21日(木)15:30〜18:00 (終了後 懇親会あり)

会場:阪急電鉄本社ビル1階 エコルテホール

費用:無料

対象:地域社会の国際化に興味のある方、子どもに関わる活動に興味のある方、外国語を社会に役立てたい方

 

プレゼン団体:NPO法人 おおさかこども多文化センター

       にほんごサポートひまわり会

       ワールドキッズコミュニティ

基調講演:一般財団法人 ダイバーシティ研究所 田村太郎氏

コーディネーター:NPO法人 チュラキューブ 中川悠氏

 

 

なお、参加応募フォームはこちらです。
http://stajimo.jp/?page_id=8674

author:himawarikai11, category:-, 21:08
-, -, - -
大阪商工信金社会貢献賞

2018.5.9

第12回「大阪商工信金社会貢献賞」をいただきました!

ありがとうございました。

author:himawarikai11, category:-, 19:47
-, -, - -
レザークラフト体験 2018.3.24

レザークラフト体験をしました。

 

クラフト用の革に模様を刻印して、染色して、周りをかがって、

それぞれ色や模様を工夫してすてきな小銭入れやストラップができました!

講師の説明

 

クラフト革模様の刻印ふちかがりできあがり

author:himawarikai11, category:-, 16:28
-, -, - -
日本語発表会を実施しました 2018.3.17

第9回 日本語発表会を実施しました。

発表者は6人でした。

 

・「私のいなかの台風」チャンさん(ベトナム)

  チャンさんの故郷では台風の被害で家が壊されたり、人が亡くなったり……。

  故郷の暮らしをよくするために日本に来ることを決心したそうです。

 

・「日本での生活」モウさん(中国)

  ご主人と幼い息子さん2人との生活は、毎日たいへんです。

  来日したばかりのころは、日本での生活に慣れずつらかったそうですが、

  今では周りの日本人とも友達になって、少しずつ慣れてきたそうです。

 

・「日本で春夏秋冬を体験したこと」ハウさん(ベトナム)

  雨季と乾季しかないベトナム南部から2年前の秋に来日して、

  休日に紅葉、スキー、花見、富士登山、花火と盆踊りなど、

  日本の春夏秋冬で体験したことを話してくれました。

 

・「私の故郷」フウさん(中国)

  故郷の湖南省の位置、有名な観光地や代表的な料理について話してくれました。

  湖南料理は中国で一番辛いそうです。

 

・「日本で困った時、どうして乗り越えますか」ロックさん(ベトナム)

  職場でいろいろつらいことがあった時、一時は「もうやめよう。もうどうでもいい」と思ったけれど、

  二つのことを実行して、見事に乗り越えることができました。

  その二つのこととは……。

 

・「日本でおどろいたこと」ニャットさん(ベトナム)

  近所のスーパーでセール品の水筒を買って帰って、水を入れたところ、

  キャップにリングがないことに気がつきました。

  セール品で箱もないし、領収書も捨ててしまったし……もう仕方がないかな。

  一週間後に他の買い物で寄った時、たまたま売り場にいた責任者にそのことを話してみると……。

 

笑いあり、感動ありの2時間でした。

author:himawarikai11, category:-, 15:00
-, -, - -